山梨大学燃料電池ナノ材料研究拠点 Home Site map
  Center for Fuel Cell Nanomaterials, University of Yamanashi
   
  拠点概要
  拠点の目的・活動  
  「燃料電池ナノ材料サテライト拠点」では低炭素社会構築を加速する燃料電池、太陽エネルギー変換、環境科学の発展に貢献するナノテクノロジーの育成を目的として、下記に示す研究テーマを推進しております。

1) 低加湿対応/低コスト・高耐久性電解質膜の開発
高いプロトン導電率、高い形状安定性、高い酸化・加水分解耐性を有する炭化水素系電解質膜を開発します。また開発した電解質膜を用いて高温低加湿および低温での電池特性の改善を図ります。
2) 高性能・高信頼性ガス拡散電極及びMEAの開発
燃料電池自動車において想定される最も過酷な燃料電池作動条件に対応した高触媒利用率のガス拡散電極や炭化水素系MEAの開発と評価を行います。また同様に、温度サイクル・負荷変動にも安定な炭化水素系MEA等の開発と評価についても進めます。
3) 燃料電池用水素製造・精製用ナノ触媒の開発
定置用燃料電池システムや水素ステーションにおいて使用される燃料改質器の効率と使い勝手を一層高め、コストを劇的に低減できる新規水素製造用触媒とシステムの開発を進めます。
  拠点体制
  説明:1f
Copyright(C) 2010-2014 Center for Fuel Cell Nanomaterials Center, University of Yamanashi, All Rights Reserved.