山梨大学燃料電池ナノ材料研究拠点 Home Site map
  Center for Fuel Cell Nanomaterials, University of Yamanashi
   
  ご挨拶  
  拠点長挨拶
 

 山梨大学は「地域の中核、世界の人材」を理念とし、現代社会の要請に柔軟に対応できる教育、研究体制の整備を進めてまいりました。 その成果として、燃料電池をはじめとした世界最先端研究拠点の構築に実を結んできております。
 取り分け、燃料電池研究につきましては、文部科学省の「リーディングプロジェクト」並びに「都市エリア産学官連携促進事業」に採択いただき、 また、その成果を基に現在は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発事業(Hiper-FCプロジェクト)」に取り組むことができております。
 このHiper-FCプロジェクトの推進に当たりましては、「燃料電池ナノ材料研究センター」を整備し、施設の運営管理を担う職員の配置を行うなど、大学としての取り組みを進めて参りました。 また、地元山梨県からも多くの支援を戴き、研究施設の整備に当たりましては、県有地の無償提供や、県内企業の利用施設の併設を行っていただくなど、産学官が連携して推進していく環境が構築されております。
今回、「低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワークの整備」事業に取り組むこととなり、これにより、低炭素社会実現への貢献が期待されます燃料電池研究の飛躍的な進展が図れるものと確信いたしております。
 山梨大学では、本事業が円滑な推進が図れるよう、「燃料電池ナノ材料研究サテライト拠点」の設置、設備の共用推進のための運営体制の構築、燃料電池技術研究者の育成などに、責任を持って取り組んでいくとともに、本学の特色ある研究分野である燃料電池研究に大学として一層の推進を図って参ります。


前田 秀一郎
(国立大学法人山梨大学 学長)

  研究グループリーダー挨拶
 

燃料電池は、地球温暖化問題の解決や我が国のエネルギー供給の安定化に貢献するキーデバイスのひとつです。燃料電池ナノ材料研究センターは、これまで燃料電池のコスト低減や耐久性・信頼性向上を満たす革新的なブレークスルーにより燃料電池の本格普及に寄与するため、サイエンスに立ち戻った研究開発を進めて参りました。
 この度、文部科学省「低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワーク整備事業」において、山梨大学はサテライト拠点に採択頂き、18研究機関の低炭素社会研究ネットワークの一翼を担っていくこととなりました。現在、本センターでは「燃料電池ナノ 材料研究拠点」としての組織と機能を拡充しており、今後、電解質膜・MEA・水素製造用触媒等の燃料電池材料の研究を加速させると伴に、共用機器利用や研究連携を通じて低炭素社会実現のためのネットワークを広く伴にそして深く構築していきたいと思います。


渡辺 政廣
(燃料電池ナノ材料研究センター長)

Copyright(C) 2010-2014 Center for Fuel Cell Nanomaterials, University of Yamanashi, All Rights Reserved.